MENU
TEL LINE

側彎症の病態と原因 | 中央区・築地・勝どき キュアメディカル鍼灸整骨院

ヘッダー

側彎症の病態と原因

☆☆☆☆☆

側弯症とは背骨が左右に弯曲した状態で、背骨自体のねじれを伴うことがあります。

通常、小児期にみられる脊柱変形を指します。  姿勢と背骨の歪み

左右の肩の高さの違い・肩甲骨の突出・腰の高さの非対称・胸郭の変形

前かがみをした姿勢で後ろから背中をみた場合の

肋骨や腰部の隆起などの変形を生じます。

側弯が進行すると、腰背部痛や心肺機能の低下をきたすことがあります。

日本での発生頻度は1~2%程度で、女子に多くみられます。

原因不明の側弯を特発性側弯症といい、全側弯症の60~70%を占めます。

そのほか、脊柱の先天的な異常による側弯を先天性側弯

神経や筋の異常による側弯を症候性側弯症といいます。

 

スクリーニング検査では、子供に前かがみの姿勢をとらせて後ろから脊柱を観察します。

症候性側弯症の鑑別には、神経学的検査やMRI検査が有効です。

短期間で側弯が悪化してくる場合には、注意深く年に数回の診察が必要になります。

立位での脊柱全体のレントゲン写真から側弯の程度を角度で表しますが

脊椎骨や肋骨に異常がないかも同時に調べます

骨自体の先天的な形状の変性が原因で周囲の椎骨(背骨)が歪み

椎骨に付着する筋肉・靱帯のバランスが崩れ側弯を形成してしまう場合

周囲の組織を調整することにより改善することが出来ます。

☆☆☆☆☆

 側彎症の治療法

提携治療院

埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院

東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院

沖縄スマイル鍼灸整骨院

桜モンデックス訪問マッサージ院

市川大門鍼灸整骨院

アイメディカル鍼灸整骨院

仙台メディカル鍼灸整骨院

広栄院

なごみ整骨院

提携不動産

サンデイ不動産


交通事故提携法律事務所