MENU
TEL LINE

ソフトボールによる怪我について ☎03-6278-8828 東京都中央区築地キュアメディカル鍼灸整骨院 | 中央区・築地・勝どき キュアメディカル鍼灸整骨院

ヘッダー

ソフトボールによる怪我について ☎03-6278-8828 東京都中央区築地キュアメディカル鍼灸整骨院

ソフトボールによる怪我(softball)


ソフトボールの怪我では上肢部が起こりやすいです。ソフトボールには「上肢部」(手、指、肘、腕など)の怪我が起こりやすく、怪我の種類として「挫傷、打撲」が起こりやすいということです。また、特に小中学生ではボールの直撃などによる「眼部」の怪我が多く、プレーの際にはこれらの怪我の特徴をよく確認しておくことが肝心です。

ソフトボールの怪我の年代的な違い


このように、ソフトボールで起こりやすい「怪我の種類」に年代的な差は見られませんでしたが、小中学生では「上肢部」と「顔部」が多い傾向が見られます。

 

高校生になると「顔部」の怪我の割合が減少し、「下肢部」への怪我の割合が多くなっています。

 

ソフトボールは、繰り返しの投球動作など特定の動きを繰り返すことによるケガが深刻です。特に痛みが出やすいのは肩と肘で、「野球肩」・「野球肘」と言われる野球特有の肩や肘の痛みに悩まされる人も少なくありません。

「野球肩」は、肩に発生する様々な障害の総称です。

 

肩関節は構造が複雑で、インナーマッスル(深層にある筋肉)であるローテーターカフの損傷・アウターマッスル(表層にある筋肉)である上腕二頭筋や三角筋の損傷・関節の安静を保つ関節唇の損傷など、様々な原因により痛みが起こります。

 

また、一つのケガが他の関節や近接している筋肉の不調につながり、そのまま放置することでいくつかの障害を合併して発生することもあるので、早期に正確な診断をして治療を開始することが望まれます。

「野球肘」は正確には「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)」といい、肘の内側にある骨隆起の炎症です。

 

繰り返し行われる投球動作や不適切なフォームにより、肘の内側にストレスが加わり痛みを引き起こします。

 

軽度の場合、投球時に痛みを感じる程度ですが、炎症がひどくなると運動後も痛みが引かず、日常生活でも痛みが出るようになります。神経を痛めることも多く、手のしびれや握力の低下がみられることもあります。

 

特に注意が必要なのは、成長期に起きる肘の内側の痛みです。

 

成長途中の未発達で柔らかい成長軟骨が、腱の伸張ストレスに耐えることができずに引き剥がされる状態で、リトルリーグ肘と呼ばれます。成人してからの「野球肘」よりも重症化することが多く、野球選手生命にも大きな影響を及ぼすので、痛みが消失するまで徹底して治療する必要があります。

肩が命と言われる野球選手も、バランス良くトレーニングや治療をしなければいけません。

 

もちろん、投球において肩は重要です。しかし、踏ん張るための下半身が弱いと、投球動作が安定せず、結果的に肘や肩に余分なストレスを加えてしまうことになるのです。

 

治療を受ける時も、必ず全身バランスよく治療するように心がけましょう。

 

スポーツをされている方は特に捻挫を起こしやすいと言えます。

 

捻挫をしているのに、試合が控えているから…と、とりあえずテーピングなどで応急処置をして無理をしてスポーツを続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

提携治療院

埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院

東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院

沖縄スマイル鍼灸整骨院

桜モンデックス訪問マッサージ院

市川大門鍼灸整骨院

アイメディカル鍼灸整骨院

仙台メディカル鍼灸整骨院

なごみ整骨院

提携不動産

サンデイ不動産


交通事故提携法律事務所