MENU
TEL LINE

中央区・築地・勝どき キュアメディカル鍼灸整骨院

ヘッダー

コロナ、対策、ロックダウンの記事

骨盤調整

2020.04.13

 

 

当院のメイン治療で即効性があります。今まで悩んでいた腰・肩の痛みを一瞬で楽にすることができます。

この治療は体の土台(骨盤)と柱(背骨)をまっすぐにすることにより、痛みや違和感を根本的に治すことのできる本格的な矯正です。

 

背骨・骨盤の歪みとは

まずは歪みの原因を探ろう!!
私たち現代人は肉体的「要素」を知らず知らず、身の内にかけている生活をしています。そして、首から背中・腰に「緊張」が蓄積し、筋肉がこわばってこりが生じると、血液の流れが悪くなります。
また、悪い姿勢をとる「クセ」が付いている人も少なくありません。この悪い姿勢が毎日繰り返され、やがて筋肉の「緊張」とともに背骨を歪める元になっています。

背骨・骨盤がゆがんでいるとどんな症状が起こるの?

背骨・骨盤にねじれや歪みあると、骨と骨の間から出ている神経や血管や圧迫されて周辺組織が血行障害を起こします。 痛みや痺れや他に、頭が重く感じたり、起床時に疲れが残っていたりします。

調整の必要性

背骨・骨盤を正しい位置に戻すことで筋肉の負担が減り、神経伝達や血液が良くなり、自然治癒力を最大限に引き出すことが出来ます。 その後、筋肉に対しマッサージ治療を行うことでさらに治療効果を上げることができます。

体の歪みが気になる方はまずは、お問い合わせ下さい。

むくみを解消するには・・・

飲食で改善するには

よく耳にする事として、塩分の摂取を控えめにする食生活が大切といわれています。

 

これは血液中の塩分濃度が上がり塩分が体内の水分をとどめる作用が原因で、水分が細胞内に停滞する事によりむくみの原因につながってくるからです。

 

日頃から濃い味が好みで塩分を多く取りすぎているなと感じている方で足のむくみで悩んでいる方は、減塩の物を使用したり塩分の排出効果の高い食品やカリウムを多く含んだ食品を積極的に摂ることが足のむくみの予防に役立ちます。

カリウムを多く含み食材は、バナナ・キウイ・アボカド・りんごなどです。

滞ってしまった水分は、マッサージやストレッチ・運動で解消しましょう。

まず、対処療法としてふくらはぎのマッサージを

皆さんされると思います。

むくみの解消には、求心性と言われる心臓に向かってマッサージを行うと良いと思います。

強度としては、多くの方が強く押した方が効果がありそうなイメージがあると思いますが、むくみを解消する為には「なでるぐらい」の刺激で行った方が良いです。

それはなぜかと言うと、細胞内に停滞した余分な水分を流す為には細胞から毛細血管やリンパ管といった表層にある細胞及び細胞膜への刺激が効果的だからです。

次に大事なのは、股関節周囲へのアプローチになります。

特に鼠径部(股関節の全面)は、大きなリンパ節がありますので長時間座っていることが多い方や座ると足を組んでしまう方は、この鼠径部を圧迫してリンパ管を滞らせている事がむくみを悪化させてしまう原因になるからです。

 

お風呂上りなどに是非、お試し下さい。

 

 


日常の生活の中で「むくむ」原因を、
大きく3つあげます。

1.老廃物の滞り
むくみとは、静脈やリンパの流れが滞ることにより老廃物が管から漏れ出して細胞のすき間に溜まってしまう。

通常、ふくらはぎの筋肉を使って静脈やリンパ管をポンプのように動かし、老廃物を上半身へと押し上げるものなのです。ですが、デスクワークや運動習慣の減少により筋肉が衰えてポンプ作用がうまく働かなくなると、体内の水分や老廃物が下半身に滞りやすくなりむくみが生じてしまいます。

2.冷え

日本人の女性約8割が悩んでる症状だと言われています。

自分の手を足の内くるぶしから3本分上の部分にあてた際に「冷たい」と感じたり、押した時に「痛い」と感じる場合は、脚が冷えている証拠です。

 

このような冷え状態が続くと血流が悪くなるのと、皮膚の下に水分がたまった状態になりむくみが発生します。

そして、むくんだ状態は筋肉を硬くすることで循環が悪くなり、冷えを増長してしまうのです。

さらには、筋肉が硬くなると代謝による熱量が減少する事により、脂肪も燃焼しにくくなり皮下脂肪も溜まりやすくなります。

その影響で、脚が代謝しきれない老廃物などでどんどん太くなるといった悪循環を招くことになります。

冷えた脚はむくみだけでなく、筋肉を硬くすることで脂肪も付きやすくしてしまうのです。

3.活習慣の乱れ

食習慣や生活習慣の乱れも脚のむくみには大敵。

塩分や糖分・水分の過不足や、不規則な生活で自律神経の調整機能が乱れることも、脚がむくみやすくなるといわれています。

バランスのとれた食事、宵越しのむくみを残さないための質のよい睡眠、そしてストレスフリーな生活も、むくみ予防には重要です。

 

むくみでお悩みの方は、まずお問い合わせ下さい。

📞3-6278-8828

キュアメディカル鍼灸整骨院へ問い合わせ

 

 

 

腱鞘炎にかかる人が、最近急増しているようです。

 

腱鞘炎とは、筋肉の両端にある腱が腱鞘という筒の中を通るのですが、この腱と腱鞘のあいだに起きた炎症をいいます。腱鞘炎には、代表的な病名が二つあります。

 

  • バネ指(屈筋腱炎)・・・手指を曲げ伸ばしする腱におこるもの
  • ドケルバン病・・・手指の親指側に起こるもの

 

腱鞘炎は、安易に考えて対応してしまうと完治するまでに時間がかかる場合が多いようですので早めの受診をしてください。

 

バネ指の症状

手、指、腕がだるい、動きにくい、痛い、しびれる、腫れる・・・。

痛みは物を摘んだり、握ったりすると増強します。

 

手のひらや甲、指を押してみたり、曲げ伸ばしたり時に鈍い痛みを感じるようであれば、腱鞘炎の可能性があります。また、曲げ伸ばしの時にカクカク音が鳴る場合も注意が必要です。

 

腱鞘炎の具体的な症状は周期的に訪れる激痛です。

 

この痛みのおかげで普通の生活に影響を与えることもあります。

 

 

手の指が曲がったまま伸びなくなってしまい、無理矢理伸ばすと「ぱきっ」という音と共に弾かれたように伸びることを「バネ指」と言います。

 

当院の治療

治療は、数多くの腱鞘炎治療法の中から独自の研究で成果を上げている、独特の治療法です。ほとんどの腱鞘炎患者さんがたった1~3回の施術で効果を認める当院ならではの療法です。

1.症状の確認

患部の動きに対して痛いかを確認致します。曲げるときなど痛みの状況と場所を確認致します。

2.筋肉の疲労と緊張をとる

腱鞘炎は患部の使いすぎや使い方が悪いせいで、腱や軟部組織が疲労することによる筋肉・腱の異常緊張と考えています。腱鞘炎の場合、その緊張を取ることで短期間での回復が可能です。

当院へのお問い合わせは、

📞03-6278-8828もしくは、

✉メールにてお問い合わせ下さい

現在、当院で実施しておりますウイルス対策をご紹介させていただきます。
以下の内容を実施しております。
①患者様に入口にて手指の消毒をしていただいております。
②発熱・咳の有無を確認させて頂いております。体調不良の場合は体温計で測定させていただきます。
※微熱・感冒症状のある方は医療機関をご案内させていただき、当院での施術はご遠慮いただいております。
③施術所内、施術ベッドや枕などは施術ごとに消毒をしております。
④院内は頻繁に換気をしております。
⑤患者様同士が密集しないよう努めております。
⑥お渡しする釣銭を消毒しております。
皆様に、安心してご来院いただけますよう衛生面におきましても最大限の努力をしております。
皆様のご理解・ご協力をより一層よろしくお願い致します。

痛み、症状の治療
(健康保険)

提携治療院

埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院

東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院

沖縄スマイル鍼灸整骨院

桜モンデックス訪問マッサージ院

アイメディカル鍼灸整骨院

仙台メディカル鍼灸整骨院

なごみ整骨院

株式会社サンメディケア

提携不動産

サンデイ不動産


交通事故提携法律事務所