MENU
TEL LINE

中央区・築地・勝どき キュアメディカル鍼灸整骨院

ヘッダー

ストレッチの記事

腰部脊柱管狭窄症について

 

治療法は大きく分けて、保存療法と手術療法の2つがあり、重症の場合を除き保存療法から始めます。

 

 

保存療法には薬物療法、理学療法、運動療法、神経ブロック療法があります。症状や患者さんが望む生活の質に合わせて治療法を選択する事になります。

 

保存療法では 鍼灸治療が有効です。手技のみの治療でも効果はありますが、鍼で身体の深部を刺激する治療を続けると比較的早期に間欠性跛行や腰の痛みが軽減するケースが多いです。

 

 

 

狭くなった脊柱管を広げるには、手術しか方法はありませんが、症状がそれほどひどくなく、排尿障害が出ていなければあわてることはありません。

 

保存療法で一向に効果がない場合、痛みがひどい、歩行障害、麻痺が強くて日常生活や仕事に支障がある場合などには、医師と十分に相談をしたうえで手術を選択するといいでしょう。

 

 

もちろんご本人が希望された場合に手術になります。

 

手術の結果は、手術で圧迫を取り除くことにより、障害されていた神経の働きが元通りの正常な状態に戻る力を持っていなければ、しびれなどの症状が残ってしまいます。

 

さらに、手術をしても、年齢を重ねていくうちに再発する可能性もゼロではありません。

 

比較的若い人は、症状があまり進まないうちに手術をしたほうがいい場合もあります。

 

 

キュアメディカル鍼灸整骨院では、整体、鍼灸治療、骨盤矯正、マッサージ、ストレッチなど体の状態に合わせて施術していきます。

 

一度ご相談下さい。

 

妊娠すると8割の人が経験している「つわり」があります。

つわりとは、妊娠4週~16週くらいの期間にみられる吐き気や嘔吐、においや食べ物の嗜好の変化で、一般的には、妊娠することで大量に分泌される妊娠ホルモン(hCG:ヒト絨毛語などトロピン)が原因とされ、妊娠5か月以上でも15%ほどの妊婦さんがつわりを感じています。

 

つわりは妊娠の合図であり、待望の赤ちゃんを授かった喜ばしいことかもしれませんが、虚弱体質の女性、ストレス過多、高齢での妊娠という影響で、実際に感じる症状は、つらい症状が多いです。

 

つわりでおこる感覚の変化

つわりの症状は人それぞれですが、比較的多い感覚の変化として以下のようなものがあります。

嫌に感じるようになった匂い

●ごはんの炊けるにおい
●魚の生臭いにおい
●洗剤のにおい

食べられなくなったもの

●コーヒー
●白いご飯
●揚げ物

 

 

つわりの種類

 

●吐きつわり

「吐きつわり」は、一日中、吐き気に悩まされ、実際に吐くような典型的つわりのことです。
まったく食べ物がのどを通らず水だけでもすぐ吐いてしまうときは病院に行きましょう。

●食べつわり
お腹がすくと吐き気がひどくなるつわりです。食べ過ぎても気持ち悪くなります。

●においつわり
においに敏感になります。今まで大好きだったにおいが急に嫌でしょうがなくなるくらい変化します。
前述のごはんや、魚、洗剤のにおいだけでなく、湯気や香水、流しや包丁など金属のにおい、歯磨き粉、ゴミ、など、普段の何気ないにおいが苦手になる人が多いです。

●よだれつわり
よだれが増えてだらだらとまらないつわりです。タオルをくわえたり、ビニール袋やペットボトル、ティッシュや洗面器などに唾液を吐いて対処している人をよくみます。比較的、妊娠後期までつわりに苦しんでいる人が多いです。

 

 

中央区・築地・勝どき にキュアメディカル鍼灸整骨院では、鍼灸治療や整体骨格矯正で体の不調を取り除いていきます。

つわりで悩んでいる時はお気軽にご相談下さい。

痛み、症状の治療
(健康保険)

提携治療院

埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院

東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院

沖縄スマイル鍼灸整骨院

桜モンデックス訪問マッサージ院

アイメディカル鍼灸整骨院

仙台メディカル鍼灸整骨院

なごみ整骨院

株式会社サンメディケア

提携不動産

サンデイ不動産


交通事故提携法律事務所