MENU
TEL LINE

中央区・築地・勝どき キュアメディカル鍼灸整骨院

ヘッダー

マタニティつわり治療の記事

骨盤調整

2020.04.13

 

 

当院のメイン治療で即効性があります。今まで悩んでいた腰・肩の痛みを一瞬で楽にすることができます。

この治療は体の土台(骨盤)と柱(背骨)をまっすぐにすることにより、痛みや違和感を根本的に治すことのできる本格的な矯正です。

 

背骨・骨盤の歪みとは

まずは歪みの原因を探ろう!!
私たち現代人は肉体的「要素」を知らず知らず、身の内にかけている生活をしています。そして、首から背中・腰に「緊張」が蓄積し、筋肉がこわばってこりが生じると、血液の流れが悪くなります。
また、悪い姿勢をとる「クセ」が付いている人も少なくありません。この悪い姿勢が毎日繰り返され、やがて筋肉の「緊張」とともに背骨を歪める元になっています。

背骨・骨盤がゆがんでいるとどんな症状が起こるの?

背骨・骨盤にねじれや歪みあると、骨と骨の間から出ている神経や血管や圧迫されて周辺組織が血行障害を起こします。 痛みや痺れや他に、頭が重く感じたり、起床時に疲れが残っていたりします。

調整の必要性

背骨・骨盤を正しい位置に戻すことで筋肉の負担が減り、神経伝達や血液が良くなり、自然治癒力を最大限に引き出すことが出来ます。 その後、筋肉に対しマッサージ治療を行うことでさらに治療効果を上げることができます。

体の歪みが気になる方はまずは、お問い合わせ下さい。

むくみを解消するには・・・

飲食で改善するには

よく耳にする事として、塩分の摂取を控えめにする食生活が大切といわれています。

 

これは血液中の塩分濃度が上がり塩分が体内の水分をとどめる作用が原因で、水分が細胞内に停滞する事によりむくみの原因につながってくるからです。

 

日頃から濃い味が好みで塩分を多く取りすぎているなと感じている方で足のむくみで悩んでいる方は、減塩の物を使用したり塩分の排出効果の高い食品やカリウムを多く含んだ食品を積極的に摂ることが足のむくみの予防に役立ちます。

カリウムを多く含み食材は、バナナ・キウイ・アボカド・りんごなどです。

滞ってしまった水分は、マッサージやストレッチ・運動で解消しましょう。

まず、対処療法としてふくらはぎのマッサージを

皆さんされると思います。

むくみの解消には、求心性と言われる心臓に向かってマッサージを行うと良いと思います。

強度としては、多くの方が強く押した方が効果がありそうなイメージがあると思いますが、むくみを解消する為には「なでるぐらい」の刺激で行った方が良いです。

それはなぜかと言うと、細胞内に停滞した余分な水分を流す為には細胞から毛細血管やリンパ管といった表層にある細胞及び細胞膜への刺激が効果的だからです。

次に大事なのは、股関節周囲へのアプローチになります。

特に鼠径部(股関節の全面)は、大きなリンパ節がありますので長時間座っていることが多い方や座ると足を組んでしまう方は、この鼠径部を圧迫してリンパ管を滞らせている事がむくみを悪化させてしまう原因になるからです。

 

お風呂上りなどに是非、お試し下さい。

 

 


日常の生活の中で「むくむ」原因を、
大きく3つあげます。

1.老廃物の滞り
むくみとは、静脈やリンパの流れが滞ることにより老廃物が管から漏れ出して細胞のすき間に溜まってしまう。

通常、ふくらはぎの筋肉を使って静脈やリンパ管をポンプのように動かし、老廃物を上半身へと押し上げるものなのです。ですが、デスクワークや運動習慣の減少により筋肉が衰えてポンプ作用がうまく働かなくなると、体内の水分や老廃物が下半身に滞りやすくなりむくみが生じてしまいます。

2.冷え

日本人の女性約8割が悩んでる症状だと言われています。

自分の手を足の内くるぶしから3本分上の部分にあてた際に「冷たい」と感じたり、押した時に「痛い」と感じる場合は、脚が冷えている証拠です。

 

このような冷え状態が続くと血流が悪くなるのと、皮膚の下に水分がたまった状態になりむくみが発生します。

そして、むくんだ状態は筋肉を硬くすることで循環が悪くなり、冷えを増長してしまうのです。

さらには、筋肉が硬くなると代謝による熱量が減少する事により、脂肪も燃焼しにくくなり皮下脂肪も溜まりやすくなります。

その影響で、脚が代謝しきれない老廃物などでどんどん太くなるといった悪循環を招くことになります。

冷えた脚はむくみだけでなく、筋肉を硬くすることで脂肪も付きやすくしてしまうのです。

3.活習慣の乱れ

食習慣や生活習慣の乱れも脚のむくみには大敵。

塩分や糖分・水分の過不足や、不規則な生活で自律神経の調整機能が乱れることも、脚がむくみやすくなるといわれています。

バランスのとれた食事、宵越しのむくみを残さないための質のよい睡眠、そしてストレスフリーな生活も、むくみ予防には重要です。

 

むくみでお悩みの方は、まずお問い合わせ下さい。

📞3-6278-8828

キュアメディカル鍼灸整骨院へ問い合わせ

 

 

 

腱鞘炎にかかる人が、最近急増しているようです。

 

腱鞘炎とは、筋肉の両端にある腱が腱鞘という筒の中を通るのですが、この腱と腱鞘のあいだに起きた炎症をいいます。腱鞘炎には、代表的な病名が二つあります。

 

  • バネ指(屈筋腱炎)・・・手指を曲げ伸ばしする腱におこるもの
  • ドケルバン病・・・手指の親指側に起こるもの

 

腱鞘炎は、安易に考えて対応してしまうと完治するまでに時間がかかる場合が多いようですので早めの受診をしてください。

 

バネ指の症状

手、指、腕がだるい、動きにくい、痛い、しびれる、腫れる・・・。

痛みは物を摘んだり、握ったりすると増強します。

 

手のひらや甲、指を押してみたり、曲げ伸ばしたり時に鈍い痛みを感じるようであれば、腱鞘炎の可能性があります。また、曲げ伸ばしの時にカクカク音が鳴る場合も注意が必要です。

 

腱鞘炎の具体的な症状は周期的に訪れる激痛です。

 

この痛みのおかげで普通の生活に影響を与えることもあります。

 

 

手の指が曲がったまま伸びなくなってしまい、無理矢理伸ばすと「ぱきっ」という音と共に弾かれたように伸びることを「バネ指」と言います。

 

当院の治療

治療は、数多くの腱鞘炎治療法の中から独自の研究で成果を上げている、独特の治療法です。ほとんどの腱鞘炎患者さんがたった1~3回の施術で効果を認める当院ならではの療法です。

1.症状の確認

患部の動きに対して痛いかを確認致します。曲げるときなど痛みの状況と場所を確認致します。

2.筋肉の疲労と緊張をとる

腱鞘炎は患部の使いすぎや使い方が悪いせいで、腱や軟部組織が疲労することによる筋肉・腱の異常緊張と考えています。腱鞘炎の場合、その緊張を取ることで短期間での回復が可能です。

当院へのお問い合わせは、

📞03-6278-8828もしくは、

✉メールにてお問い合わせ下さい

現在、当院で実施しておりますウイルス対策をご紹介させていただきます。
以下の内容を実施しております。
①患者様に入口にて手指の消毒をしていただいております。
②発熱・咳の有無を確認させて頂いております。体調不良の場合は体温計で測定させていただきます。
※微熱・感冒症状のある方は医療機関をご案内させていただき、当院での施術はご遠慮いただいております。
③施術所内、施術ベッドや枕などは施術ごとに消毒をしております。
④院内は頻繁に換気をしております。
⑤患者様同士が密集しないよう努めております。
⑥お渡しする釣銭を消毒しております。
皆様に、安心してご来院いただけますよう衛生面におきましても最大限の努力をしております。
皆様のご理解・ご協力をより一層よろしくお願い致します。

人の頭の重さは、体重の約10%と言われています。
その重さをさせているのが頸椎です。
首の骨である頸椎は、通常前方に向かって緩やかにカーブ(S字)していて、これがクッションの役割をして頭の重さを支えています。

また、頸椎がカーブしていることで、頭の位置が自然と後になり、背骨の真上に保てるようになっています。
この緩やかなカーブが失われてしまった状態をストレートネックといいます。

頸椎がストレートになった状態というのは、頭が後に保てないということであり、あごが突き出て頭全体が斜め前へ突き出た格好です。
こうなると、頭の重みがまともに頸椎(首の骨:頸椎関節)にかかることになります。

当然ながら、頸椎をサポートしている首周りの筋肉に大きな負担がかかります。
肩の筋肉も緊張しますので、血行が悪くなり、首や肩の凝りなどの症状が出てきます。

また、頸椎関節には多くの神経が通っています。
頭の重みで頸椎の関節と関節の間の隙間が縮まることで、隙間を通っている神経が圧迫され、手や腕のしびれ、頭痛といった症状が出てくることもあります。

 

1
常に首が凝っている。
2
よく寝違いをおこす。
3
病院でストレートネックと診断された。
4
上を向きにくい。
5
首から肩、腕まで痛みやしびれがある。
6
頭痛がよくおこる。
7
真っすぐに立つと、頭と首が前に出ているのがわかる。
8
一日に10回以上はスマホを見る。
9
電車で座ったら、まずスマホを取り出して見る。
10
パソコンの操作を、1時間以上することがしょっちゅうだ。
11
PCはノートパソコンを使っている。
12
座ると猫背になっている。
13
「頭が重い」と感じることが多い。
14
いつも首や肩が凝っている。
15
お風呂は湯船に入ることがほとんどなくシャワーだけだ。
16
いつも半身浴をしている。
15
結構高い枕でないと眠れない。

 

ストレートネックの原因
ストレートネックになる大きな要因は、頭が前方に突き出した、いわゆる「うつむき姿勢」にあります。

実は、頭がわずか2㎝前にでるだけで、頸椎にかかる頭の重みの負荷は2倍に、4㎝前に出ると5倍の負荷かがかるとされています。例えば、体重60kgの人だと、頭の重さを6kg(前出:体重の約10%)として、2㎝で12kg、4㎝で20㌔の負荷ががかかると言うことです。

現代は、パソコンやスマートフォンの普及により、”うつむいている”時間がかなり増えているのではないでしょうか。

 

改善方法

頸椎関節は、いろいろな方向に曲げたり回したりできるように、やわらかくてしなやかな構造になっています。
そのためによくも悪くも影響を受けやすいことになります。

関節を緩める

ストレートネックになると、頸椎の一番上と後頭部の骨の間が狭まり、頭痛などの症状が出てきます。
この部分を緩めることで症状が緩和されたり、頸椎のしなやかさを取り戻せたりします。

首を暖める

関節は、冷えると動きが悪くなり、トラブルを起こしやすくなるものです。
簡単に暖められる方法の一つが入浴です。
シャワーだけではなく、しっかりと湯船につかるようにすることです。
目安としては、約40度のお湯に10分ぐらいつかるといいでしょう。

「うつむく時間を減らす」ということです。

パソコンでの作業などで、椅子に座っているときは、骨盤を立てるように座りましょう。
背もたれのある椅子は、深く腰掛け、背筋を伸ばします(背筋に力を入れると骨盤が立って背筋がピンと伸びるはずです)
長時間になるとどうしても、猫背気味になってしまいますので、こまめに休憩をすることが重要です。パソコンの場合は、モニターの高さに応じて椅子の高さを調整し、目線と画面が水平になるようにしましょう。

築地のキュアメディカル鍼灸整骨院では、ストレートネックの方への治療方法は検査、問診をして頚椎、胸椎、腰椎の調整、鍼灸治療、整体、筋肉の緊張を取り除き改善をしていきます。
現代社会ではかなり多く出ている症状です。
しっかり治療して快適な生活をしていきましょう。

まずは、LINEもしくは電話・メールにてご相談下さい。

むちうちは整形外科や中央区・築地・勝どき にあるキュアメディカル鍼灸整骨院で全身をチェックしましょう

むちうちというのは、首の骨だけに原因があるというわけでは御座いません。整形外科や中央区・築地・勝どき にあるキュアメディカル鍼灸整骨院にて全身をチェックして、きちんと原因を見つけ出していくことが大切です。

むちうちの症状というのは人によって異なり、損傷部位や状況などによって症状の範囲、程度に違いが出てくるものなのです。どのような場合でもお早めに整形外科や中央区・築地・勝どき にあるキュアメディカル鍼灸整骨院を受診してむちうち専門治療を受けるようにしましょう。整形外科に行かず放っておくと後から急に強い痛みが出てくることも考えられます。

「全身に受けている大きな衝撃」
自動車事故の場合、シートベルトやエアバッグなどで身体に受ける衝撃を軽減させることが出来るとは言っても、実際には想像以上に大きな衝撃がかかっております。首が大きくムチのようにしなることで起こるむちうちは、交通事故の怪我の代表的なものです。整形外科や中央区・築地・勝どき にあるキュアメディカル鍼灸整骨院などのむちうち治療を上手に活用して素早い回復を目指していきましょう。

 

「骨以外の損傷にも注意してください」
むちうちは、整形外科で検査を受けても骨には異常がないと診断されてしまいます。原因が骨にあるわけではなく、筋肉や関節、靭帯、神経の損傷によるものだからなのです。そのため、整形外科では異常がないと診断されても決してすぐに安心出来るというわけでは御座いません。

 

少しでも気になる症状が御座いましたら中央区・築地・勝どき にあるキュアメディカル鍼灸整骨院へご来院ください

初めて交通事故を起こされた方、数回目の方、様々な方がいらっしゃいますが、交通事故は後遺症が残りやすいので、専門家による徹底的な治療をオススメいたします。

交通事故のなかで最も多いけがは、むち打ち症(頸椎捻挫)ですが、
受傷直後はあまり症状がでないことが多いので、病院でレントゲンをとっても異常なしと言われるのがほとんどです。

時間の経過と共に頸椎のズレ(その他、腰椎・胸椎のズレ)が起きそのため首の痛み・運動痛及び運動制限、後頭部・背部・肩・上腕部にも痛みが放散します。

しかも頭痛、吐き気、めまい、上肢のしびれ等も伴うこともあります。

身体のことはプロフェッショナルです。

マッサージをしないで治療することも可能ですので、もし交通事故に遭ってしまったら、一度ご連絡ください。

交通事故治療認定院の

「キュアメディカル鍼灸整骨院」へ

03-6278-8828 

スポーツマッサージは、もともとスポーツ選手に対し「疲労回復、パフォーマンスの向上、障害治療、障害予防」などを目的とし確立されていきました。

 

マッサージとスポーツマッサージの違いとは何かと考えますと、

 

一般の人とスポーツをしている人では筋肉の量が違います。

 

なのでマッサージの刺激の強さも当然変わってくるのは分かってもらえると思います。

 

スポーツマッサージ・・・筋肉量の多いスポーツをしている人に向いている。

 


通常のマッサージ・・・筋肉量が少ない人に向いている。

 

大きく分けるとこのような考え方です。

 

また、スポーツマッサージとマッサージの大きな違いは

 

 

運動などによって疲労した筋肉に強さと弾力性を取り戻し、使い過ぎた体の一部を改善することなどがあります。

 

マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく

 

 

全身の血液循環をよくする効果があります。

 

 

 

 

 

皮膚や筋肉の血行がよくなることによって各組織の代謝が改善され、筋肉の疲労産物を除去してくれるようになります。

 

また、酸素や栄養素が十分に供給されるので筋疲労を回復させ、運動機能の維持向上を図ることができます。

 

マッサージには手技の応用によって、筋の興奮性を高めたり、興奮を抑制して痛みや緊張を和らげる作用など、さまざまな作用が認められます。

 

興奮性を高め神経や筋の機能を増進させる効果を生み出します。

 

急性の筋疲労による筋の緊張・硬結・慢性的な神経の自発痛や圧痛など、筋の興奮性が高まっているときには、

 

テンポのゆっくりとした軽擦法・やや強めの揉捏法・圧痛点にたいしての持続的な圧迫法を施し、興奮性を沈静させます。

 

その他の作用としては、反射作用・誘導作用・矯正作用とがあります。

 

反射作用とは、障害部位と離れたところを施術することで神経や筋の痛みや緊張を和らげたり、内臓の具合を整えたりすることのできる作用のことです。

 

誘導作用は、捻挫や打撲などの外傷の際、まずはその部位のアイシングが必要になりますが、

 

 

捻挫・脱臼・肉離れがおこると、腫脹・熱感・疼痛といった炎症兆候が現れますが、数日経ちそれらの症状が治まってきたら後遺症として

 

 

関節包・靭帯・腱など関節周囲の軟部組織のこわばりが残ることが多くみられます。

 

それに対して関節周囲の強擦法や強めの揉捏をおこない浸出液の沈着を防ぎます。

 

また周囲の筋肉のストレッチをおこなって関節の拘縮を防ぎます。

 

マッサージは体の表面から適宣な触擦、圧刺激を加えることによって血行がよくなるばかりだけでなく

 

 

自律神経や内分泌の働きを調整することができ、胃腸の働きや睡眠のコントロールにも影響をもたらします。

 

全ての競技者にとって、誰もが良い成績や勝利をおさめたいと思うものです。

 

そのためには、競技者の体調のコントロールと最適な神経・筋の機能の調整が必要になります。

 

スポーツマッサージはそれを手助けするための重要なボディケアです。

最近では、健康志向の方が増加しており運動をこれからやりたいけど、どこに行ったらいいのかわからいと悩まれている方が多くいらっしゃいます。

ご安心下さい

築地のキュアメディカル鍼灸整骨院では、問診や検査などの身体的評価を基に、患者様1人1人の身体構造・生活習慣・症状に合わせて施術をし患者様にあった運動指導を致します。

スポーツ競技でパフォーマンスを上げたい方、運動すると痛みが出てしま方、健康的に運動をしていきたいと考えている方々はまず、キュアメディカル鍼灸整骨院へお問い合わせ下さい!!!

03-3278-8828

ギクッとした衝撃で急に発症し、腰に痛みがあり動きが制限される腰痛の総称です。

 

 

 

 

 

原因はたくさんあります。

 

 

 

筋挫傷(ざしょう)・肉離れ・捻挫・ヘルニア・骨そしょう症による圧迫骨折などがあります。

 

 

 

日頃運動不足による筋肉の柔軟性の低下や、筋力低下で背骨の安定性が低下すると

 

 

 

不良姿勢によるちょっとした負担でも背骨周囲の組織が傷ついてしまいます。

 

 

 

ぎっくり腰の強い痛みは、組織自体が傷ついた痛みもありますが急性期の痛みの原因は

 

 

 

損傷した組織を守るために筋肉の緊張が強まったり、筋肉のけいれんが起きることが

 

 

 

主な要因であることが多いです。

 

 

 

また、関節のちょっとした歪みも筋肉の緊張や痙攣を引き起こします。

 

 

 

治療は、急性期に背骨や筋肉のずれを直しておくと回復を早めます。

 

 

 

 

 

急性炎症の時期は、マッサージや強い整体は炎症を増長するため

 

 

 

家族にマッサージをしてもらうことはやめましょう。

 

 

 

 

急性期の炎症症状の時期に、炎症を悪化させずに筋肉の緊張緩和や

 

 

 

 

関節のずれを軽く優しい治療法で改善することになります。

 

 

 

もちろん炎症を鎮めるために、安静にする事が大切ですが

 

 

 

より早期回復を促すために筋肉のけいれんを和らげたり、炎症物質の除去

 

 

 

患部の固定などが病状の時期により必要となります。

 

 

 

 

 

 

 

築地のキュアメディカル鍼灸整骨院では、鍼灸治療・整体・骨盤矯正

 

 

 

スポーツマッサージなど体の状態に合わせて施術していきます。

 

 

 

まずはご相談下さい。

『キュアメディカル鍼灸整骨院』03-6278-8828

提携治療院

埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院

東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院

沖縄スマイル鍼灸整骨院

桜モンデックス訪問マッサージ院

アイメディカル鍼灸整骨院

仙台メディカル鍼灸整骨院

なごみ整骨院

株式会社サンメディケア

提携不動産

サンデイ不動産


交通事故提携法律事務所