LINE WEB予約 TEL

成長痛の記事

acupuntura/tsukiji

2024.07.25
ネット予約

ネット予約

 

料金表

料金表

 

acupuntura

¿Por qué necesitas acupuntura y moxibustión?
Creemos que el tratamiento de acupuntura y moxibustión en nuestro hospital encuentra
nuevas posibilidades en la industria terapéutica.
Normalmente, en un hospital (medicina occidental), un cirujano coloca un bisturí en el
corazón si el corazón es malo, pero no consulta todas las manos y los pies.
Por el contrario, nuestra acupuntura y moxibustión en el hospital (medicina oriental) trata la
función de un órgano por control remoto en lugar de tratar directamente el órgano en sí.
Al aplicar la acupuntura y la moxibustión a un lugar como un pie y una mano, se realiza la
recuperación de la función del corazón. En otras palabras, a la medicina occidental se le
diagnostica una enfermedad, se puede decir que la medicina oriental examina todo el
cuerpo humano.

¿No es doloroso el pegamento?
La rigidez de uso es tan delgada como el cabello y hay poco dolor.
Además, dado que el rayo usado se descarta una vez,
Puede recibir tratamiento con tranquilidad.

Indicaciones para tratamiento de acupuntura y moxa
Enfermedad del sistema motor
Rigidez del hombro · dolor de espalda baja · hombro congelado · dolor después de la
fractura · esguince · calambres · rodilla ostia · tenosinovitis · codo de tenista · reumatismo
· desorden deportivo etc.
Enfermedad del sistema nervioso
Desequilibrio autonómico · mareos · dolor de cabeza · migraña · neuralgia (ciática ·
neuralgia postherpética, etc.) · síndrome de Ménière · parálisis nerviosa, etc.
Enfermedad urológica
Hipertrofia prostática · prostatitis crónica · fuga de orina · retención urinaria · DE ·
infertilidad masculina · vejiga neurogénica · promoción de la excreción de cálculos del
tracto urinario, etc.
Enfermedades ginecológicas
Irregularidades menstruales · dolor menstrual · esterilidad · corrección inversa, etc.
Enfermedad gastrointestinal
Anorexia · gastritis · úlcera estomacal · estreñimiento · diarrea · síndrome del intestino
irritable, etc.
Enfermedad oftálmica
Asthenopia / miopía falsa / catarata, etc.
Trastornos Otorrinolaringológicos
Rinitis, tinnitus, sordera, amigdalitis, etc.
Enfermedad respiratoria
Asma bronquial · faringitis, etc.

Enfermedad pediátrica
Llorando en la noche, corrida, enfermedad de la orina, etc.
Enfermedad cardiovascular
Hipertensión / hipotensión, etc.
Otro
Obesidad · Depresión · Dolor extraído · Dolor postoperatorio,etc.

 

どこに行っても良くならない

肩こり・頭痛でお悩みの方は、是非ご相談ください。

📩メールでお問い合わせの方は、

クリックをお願い致します。

 

LINE友達追加

LINE友達追加

 

コロナウイルス感染予防対策について

コロナウイルス対策実施店

コロナウイルス対策実施店

 

築地キュアメディカル鍼灸整骨院では、患者様に安心して施術を受けていただくために以下の対策を行なっております。

 

・患者様お一人お一人の施術の後は、必ず手を洗います。

・手指のアルコール消毒を行い常に清潔を保つよう心がけています。

・患者様が使用した後の施術ベッドは1回1回アルコール消毒を行い、うつ伏せの際には、お一人  ずつ使い捨てのフェイスペーパーを使用しております。

 

コロナウイルス対策

コロナウイルス対策

 

 

・患者様やスタッフが手を触れる所

(待合室、トイレの取手、スリッパ、荷物カゴ、受付)などこまめにアルコール消毒を行っております。

・院内の感染予防対策として、定期的に院内の換気を行っています。

 

 

★患者様へのお願い★

受付にアルコール消毒液を用意しております。

 

アルコール消毒

アルコール消毒

 

来院の前後には手指のアルコール消毒をお使いください。

 

よろしくお願いいたします。

 

【キュアメディカル鍼灸整骨院】

 

〒104-0045

東京都中央区築地6-4-8 北國新聞東京会館1F


【診療時間】

●月曜日~金曜日

時30~14時00

15時00~19時30

●土曜日

9時00~15時00


◀休診日

年末年始、祝日、お盆、年末年始


☎:03-6278-8828


✉:cure_2015@yahoo.co.jp

 

 

 

24時間ネット予約

24時間ネット予約

料金表

料金表

Twitter

Twitter

Instagram

Instagram

 

ボルタリング

ボルタリング

 

高いところに登り落ちるという行為を繰り返すボルダリングにケガはつきものです。

 

ボルタリング

ボルタリング

 

 

分厚いマットが敷かれ、平らな下地で登れるインドアのボルダリングジムはテクニックを向上させる上で欠かせない存在といえます。

 

 

インドアでの事故や怪我の報告は後を絶たず、半分以上を占めるのが着地時のケガです。

 

 

それに次ぐのがムーブ中に体の関節や筋肉に負担がかかったことが原因によるものが多いです。

 

ボルタリング

ボルタリング

怪我をしやすい動き

1、着地

落ちる場所は意識しながら登ること。

 

 

まず気をつけたいのはマットの端の段差を踏んだり、はみ出したりしてしまうことです。

 

 

ボルダリングジムは落ちる範囲を想定してマットの面積を広くとってはいるが、これを超えてしまうことがあるようだ。

 

ボルタリング

ボルタリング

 

 

マットの位置を意識し、「ここで落ちたらあそこまで行ってしまうな」と下地を把握して登ります。

 

無茶なことは控えよう。

 

 

2、疲れているときは登らない

ハイステップやキョン(ドロップニー)で膝を痛める。

 

 

フットホールドが滑って、ぶら下がった瞬間に腕や指を負傷する。

 

 

力を入れすぎて肩を脱臼をします。

 

肩の痛み

肩の痛み

 

着地時のケガに次いで多いのがムーブ中のケガである。

 

 

例えば、普通は曲がらない方向に関節を曲げようとすれば痛みがあるだろうし、登りすぎで疲労がたまっていても体が痛かったり、だるかったりします。

 

 

当然、疲労時はケガをしやすい。

 

 

体は回復に48時間を要し、その前にトレーニングをしてもあまり効果がないというし、ケガは上達を妨げる最も大きな障壁です。

 

肩の痛み

肩の痛み

 

3、人とぶつかる

登っている人の下にはいないこと。

 

 

あまり多くはないが、インドアならではの事例として紹介しておきたいのは、フォールした人と下にいた人がぶつかってケガをするパターンです。

 

 

どこのジムでも「マットの上では休まない」、「先に登っている人がいるときは近くの課題を登らない」などのルールを告知して注意を促しているが、混雑しているときやビギナーが多いときは混沌として危ないシーンはよくあります。

 

手首のけが

手首のけが

 

捻挫をしたら「RICE」の応急処置

 

アイシング

アイシング

 

R =安静、I =冷却、C =圧迫・固定、E =挙上の順に行ない、まずは安静にすること。

 

 

受傷直後だけでなく、しばらくは安静にしないと治るものも治らない。

 

 

RICE処置

RICE処置

 

次に氷嚢など(冷湿布は不可)でアイシングして炎症や腫れを抑え、テーピングなどで圧迫・固定することで壊れた靭帯などが伸びたままになってしまうのを防ぎます。

 

 

そして、なるべく心臓より高い位置に患部を上げておくことで炎症の治まりを早めるというのが鉄則だ。

 

 

手首や腕の筋を痛めてしまうことも少なくありません。

 

 

これも一度やってしまうと、中長期的に休養しなければなりませんので、気をつけたいケガの一つですね。

 

 

指がパキってしまうのと同じで、頑張り過ぎが基本的な原因です。無理な体勢から力を入れて、筋を痛めてしまいます。

 

 

手首や腕に違和感を覚えたり、痛みを感じた場合は、無理をしないようにしましょう。

 

 

慣れてくるに従ってスムーズな足の出し方や重心の取り方が分かってくるので、筋も傷めにくくなってきます。

 

 

手首の筋を痛めないよう手首にテーピング巻く方もいらっしゃいます。

 

 

まれにホールドに腕や足をぶつけることがありますが、パキったり筋を痛めたりするよりは軽度の場合が多いです。

 

 

やはり気をつけるべきは、指の腱や手首、腕の筋です。

 

 

落下時の注意点

万が一のことを考えて危険な登り方はやめましょう。

 

 

また、足から降りる時は足首をひねらないように着地するのがポイントです。

 

 

足首を捻らないためには、かかとから着地することです。

 

 

履いてみれば分かると思うのですが、クライミングシューズは足にフィットさせるためにつま先がかなり狭い作りになっています。

 

 

そのため、足の指全体を使って着地することが難しく、足首をひねりやすいのです。

 

 

かかとから着地する時は、ショックを吸収するようにヒザのクッションを使うことも意識しましょう。

 

 

つま先から降りてしまっている方は、怪我に繋がりますので気を付けて下さい。

 

 

かかとから着地し重心を落としてヒザのクッションを使うと、安全です。

 

 

ボルダリングは楽しみながら運動不足を解消できるスポーツです。

 

 

目的はゴール地点を目指すことですが、正解は一つではなく同じコースでも色々な登り方があります。

 

体の動かし方はもちろん、指の握り方まで創意工夫できるんです。

 

 

何回も挑戦と失敗を繰り返して、そのたびに何が悪かったのか考え、次に活かす。

 

 

それが実ってようやくできたときには、他のことではなかなか得られないような達成感があります。

 

 

キュアメディカル鍼灸整骨院では、ボルタリングで怪我をした時にしっかりとした処置と早めの競技復帰ができるようにしっかり治療をしていきます。

 

 

東京オリンピックでの正式種目のボルタリング。

 

 

ぜひキュアメディカル鍼灸整骨院でボルタリングを楽しめる体作りをしていきましょう。

 

フラダンス

フラダンス

フラダンスは、背筋を真直ぐにし、両手を軽く腰に当てます。そのままヒザを軽く曲げ中腰の姿勢をとり、その場で足をステップしながら、腰を中心に左右へ体重移動を行います。
腰を振りながら、片足を斜め前に出しては戻すを繰り返します。

この時に背中の筋肉が緊張が強く出て背筋に痛みがでることがあります。捻ったときや前後に曲げたと痛みがでます。くしゃみや咳などでも痛みがでてきます。

膝の怪我も多くみられます。長時間膝を曲げた状態で踊っていると、膝に体重がかかり続けて痛みがでてきます。膝は水が溜まりやすい関節で日常生活でも支障がでてきます。

膝と連動している関節で股関節の痛みもあります。膝と同じように曲げた状態で踊っているととても痛みが強く出てきます。歩行時や、座っている姿勢で痛みがでてきます。

なるべくリラックスをして体の力を抜いた状態で踊ることをお勧めします。

腕や肩の違和感なども出てくる場合もあります。

フラダンスの健康効果

 

フラダンス

フラダンス

フラダンスには姿勢の矯正と肩コリの改善が期待できます。
フラダンスで多く使うのが骨盤のまわりの深層筋(しんそうきん)です。
深層筋は背骨や骨盤を正しい位置に維持する筋肉で、ここが鍛えられることで姿勢の矯正につまがります。
フラダンスのハンドモーションには肩まわりの筋肉を使い続けるため、三角筋などがほぐれ血行を促し肩コリの改善が期待できます。

中央区・築地・勝どきにあるキュアメディカル鍼灸整骨院では、フラダンスの怪我に力を入れています。
県内でもフラダンスに通っている方が多い中、まだ体作りやケアが出来ている方が少ないです。

冷え性にもなりやすいこともあります。鍼灸治療や整体、骨盤矯正をしてしっかりとした状態で踊り長く踊れる体作りをお手伝いします。

Headache

2024.07.22

headache

Cause of headache
The most common type of headache with headache is “tension type headache”. If the cervical spine arrangement is bad, a strain is placed on the muscles of the neck, muscles from the head to the neck and shoulder become strained, and when the blood flow gets worse, fatigue substances accumulate in the muscles, which stimulates the nerves and causes pain. Muscle tension is likely to occur due to mental stress such as continued taking the same posture for a long time or worrying and anxiety. Also, eyestrain, tooth engagement, pressure by eyeglasses, pillow that does not match height may be the cause.

Are not you suffering from such symptoms?
I can not let go of medicine for headaches
Echoes to the throbbing head
The back of my eyes and temple hurts
Headache occurs when shoulder stiffness becomes severe
Headache has occurred on a regular basis since injuring such as whip striking
My head hurts when I wake up in the morning
The head hurts because of weather and climate change
Migraine is diagnosed at hospital
I feel tired from parenting or my head hurts
It hurts before menstruation
There are symptoms such as symptoms, do not improve even if you see a doctor at the hospital, have given up with many years symptoms.
More than 80% of unknown headaches are said to be coming from the neck.
Headaches from the neck also have various causes. (Shoulder stiffness • bone • joint misalignment etc.)
Among them, pain, tinnitus, dizziness caused by “deviation of the cervical vertebra” has been drawing attention in recent years.
Even if there is abnormality in joint displacement or movement, it does not appear in X – ray or MRI.
Indeed, many of the headaches that will not heal even if the headache is seen in the hospital
It is understood that it is a symptom caused by “deviation of the cervical vertebra”.

What is “Characteristics due to deviation of the cervical vertebra”?
In the cervical spine, seven spines are lined like a lumber, and joints connecting the spine and the spinal column between each one, such as joints and intervertebral discs, have joints that move only 1 mm to a few millimeters.
The most characteristic feature of the cervical spine is a transverse process called a lateral borehole, and there is a blood vessel that sends blood to the head called vertebral motion / vein.
When the joint around the cervical spine is caught and the movement gets worse, this time it is necessary to cover with other joints, so other joints lose the correct movement in a chain. At this point, distortion of the body is occurring.
Especially, it is easy for twisting to occur at the superior vertebrae / axes in the neck, leaving the abnormal state as it is, distorted and twisted place squeezes vertebral motion and vein, The container becomes excited, causing headache • tinnitus • dizziness.
In this case, headache accompanied by pain in the stiff neck, neck pain, headache worsening after continuation of bend, headache heading when you sway your head, headache that comes out when you warm up etc. after taking a bath.

If you have left a headache …
Once a headache occurs, the muscle stiffness and the poor blood flow are amplified more and more by pain, and it will end up in a vicious circle that the headache will become worse and lasts forever. Also, headache is a common symptom everyone has experienced. Although many things are not worried repeatedly, there are many scary headaches that are life threatening when left alone (headaches caused by illness such as brain: subarachnoid hemorrhage, brain tumor, chronic subdural tumor, marrow There is also bleeding due to membrane flame). In our hospital, we are trying to locate the fundamental cause of headache and treat it with immediate effect.

Our hospital treats from the root cause (distortion, displacement) of the fundamental spine and recovers it early. Please contact us.

 

看護師

看護師

 

現代は高齢化が進み、お年寄りの方が増えています。
そんな世の中は看護師さんが不足していて、夜勤や泊まりが増え、労働環境が悪化する一方だとよく聞きます。
多くの患者様を救済する事も大切ですが、その為にも自分自身の体をしっかりケアする事が最も大切です。・

日々の患者さん対応により、一日のほとんどの時間が前傾姿勢になっています。そのことにより、背中が丸くなり、背骨が全体的に後ろの方に出やすい状況になります。またイレギュラーな勤務時間等も背骨のゆがみの原因となります。
・一人一人違う多種多様な患者さんに日々悩まれ、人間関係などによってもストレスが溜まり、自律神経の働きが弱くなり、背骨がズレやすくなっていきます。看護師の方は、勤務中、患者さんと接するために、姿勢が前かがみになりがちです。
そのため姿勢が猫背になりやすく、首、肩、腰に大きな負担がかかります。また患者さんの介助をする際に、無理な姿勢になることも多く、そのままにしておくと強い痛みにつながることもあるので、注意が必要です。

看護師の職業の方は不規則な勤務をしている場合も多く、また人間関係のストレスもかかりやすいので、疲労がたまりやすい傾向があります。
猫背や無理な姿勢が長く続くと、背骨、頸椎、骨盤がずれてきて、腰痛、背中や肩の痛み、首の痛みや手足のしびれ、膝の痛みへなどが起こります。

これらは当院の施術で矯正をおこなうことにより、大きく改善することができます。まだ痛みがない方も、今のうちからメンテナンスをしておくことが大切です。
ぜひご来院ください!

症状

・ぎっくり腰、ヘルニア、椎間板変性などの腰痛
・背中、両肩の痛み、コリ
・首(張り、頭痛、むち打ちなど)
・両足のしびれやだるさ、むくみ

看護師の方に多い体の症状 ベスト5

1位.腰痛、ヘルニア
介護の際に人を抱えたり、中腰の作業が続いて痛める方が多いです。最悪の場合、ヘルニアもあります。
2位.全身の疲労
肉体的にも当然疲れが溜まりますが、精神的にも疲れの溜まるお仕事です。
3位.肩、背中の痛み
カルテなども現在はパソコンで行います。長時間のデスクワークは大変です。
4位.頭痛、めまい
パソコン操作により眼からくる頭痛もあります。
5位.足の疲れ、むくみ
一日立ち通し、場合によっては走る事もあります。脚のむくみに注意です。

中央区・築地・勝どきキュアメディカル鍼灸整骨院では、看護師の方の体の治療、ケアに力をいれています。

県内たくさんの病院で働いている看護師の方は、とても仕事に熱心で自分の体より患者さんの体を気にかけています。

仕事や生活で自分の体が健康状態が良くないと、充実した人生を送れないと考えています。

中央区・築地・勝どきキュアメディカル鍼灸整骨院では、整骨、鍼灸、整体、骨盤矯正、吸い玉などたくさんの治療で体のケアを協力しています。

看護師の方の健康は、病院へ来院される患者さんの健康にも伝染して元気になってもらうきっかけになるかと思います。

ぜひキュアメディカル鍼灸整骨院で健康な体作りをしましょう。

Low back pain

2024.07.20
ネット予約

ネット予約

 

料金表

料金表

Low back pain

For low back pain treatment, acupuncture and moxibustion treatment at Nura City Shuri smile acupuncture clinic.
Low back pain treatment is one of our specialty areas.

For Japanese people, back pain is now a national disease, and there is a reality that “about 15 million people” are being forced to live with pain in their lower back.

Where will you go first when you have low back pain?
First of all, where is the medical institution to consult for the first time after becoming low back pain?
Probably, I think most people first go to orthopedics or general hospitals.
Lumbar pain is often a sign of various diseases, and in that sense it can be said that merit is possible in that one who was consulting orthopedic surgeon can concentrate on treatment before going to osteopathy.

But there are hidden pitfalls where evils caused by beliefs will occur here.
In fact, back pain is considered to be less than 20% of the total cases in which abnormality can be confirmed by image diagnosis.
This is a figure that was actually figured out from clinical data at the Orthopedic Society several years ago.
Most back pain is not caused by bone or joint abnormality that can be confirmed by X – ray.

However, in orthopedic surgery still image diagnosis is the first in low back pain treatment, and the patient receives an explanation about abnormality such as distortion of own lumbar vertebrae while watching the image,
It is almost the case that diagnoses that it is the cause of low back pain.
Then, the patient assumes the cause of back pain as abnormality in the joints and bones of the waist such as the lumbar spine and the intervertebral disk.

The fundamental cause is very often not understood by diagnostic imaging of X – ray and MRI.
In order for a patient to look to the true cause of low back pain and improve it, we need to be confident that our own lumbar spine and intervertebral disk are healthy.

When your abnormality is pointed out in front of your own X – ray or MRI image, the patient ‘s head is strongly input information that his / her joint is bad.

If you believe that pain is coming out due to joints and bones, even if there are other reasons, it will be difficult to improve your turn with their eyes on the cause, so back pain It becomes hard to heal.

Before going to orthopedic surgery or hospital first, treat and consult to Naha City Shuri Smile acupuncture clinic. You can also treat low back pain not reflected in X – ray and MRI.

How many are you?
It is painful to sit on a chair for a long time because of the back ache …
I feel pain on my back just by standing …
Pain runs at the waist when you stand up …
Feel incompatible with waist just by walking …
My back hurts in the morning when washing my face …
If you have such back pain, please consult our hospital without hesitation.

“I am good at low back pain treatment”.

The waist is said to be the key of the body and hurts your back so that it will interfere with everyday life.

Even if you have a mild low back pain, it will be worse, but it will not get better. Please feel free to consult as soon as possible if you feel something wrong on your waist.

If you can deal with it early, you will not need to prolong it, and it will take time to heal after you become gikkori waist (acute back pain) at the moment of moment.
Please do not give up and come to our hospital for back pain.

 

どこに行っても良くならない

肩こり・頭痛でお悩みの方は、是非ご相談ください。

📩メールでお問い合わせの方は、

クリックをお願い致します。

 

LINE友達追加

LINE友達追加

 

コロナウイルス感染予防対策について

コロナウイルス対策実施店

コロナウイルス対策実施店

 

築地キュアメディカル鍼灸整骨院では、患者様に安心して施術を受けていただくために以下の対策を行なっております。

 

・患者様お一人お一人の施術の後は、必ず手を洗います。

・手指のアルコール消毒を行い常に清潔を保つよう心がけています。

・患者様が使用した後の施術ベッドは1回1回アルコール消毒を行い、うつ伏せの際には、お一人  ずつ使い捨てのフェイスペーパーを使用しております。

 

コロナウイルス対策

コロナウイルス対策

 

 

・患者様やスタッフが手を触れる所

(待合室、トイレの取手、スリッパ、荷物カゴ、受付)などこまめにアルコール消毒を行っております。

・院内の感染予防対策として、定期的に院内の換気を行っています。

 

 

★患者様へのお願い★

受付にアルコール消毒液を用意しております。

 

アルコール消毒

アルコール消毒

 

来院の前後には手指のアルコール消毒をお使いください。

 

よろしくお願いいたします。

 

【キュアメディカル鍼灸整骨院】

 

〒104-0045

東京都中央区築地6-4-8 北國新聞東京会館1F


【診療時間】

●月曜日~金曜日

時30~14時00

15時00~19時30

●土曜日

9時00~15時00


◀休診日

年末年始、祝日、お盆、年末年始


☎:03-6278-8828


✉:cure_2015@yahoo.co.jp

 

 

 

24時間ネット予約

24時間ネット予約

料金表

料金表

Twitter

Twitter

Instagram

Instagram

 


県の建築業の方が人で不足になっています。毎日重量物を運んだり正確な測量などをして日々お仕事をされています。
「重いものを持ったり運んだりする人」に腰痛を訴えた人が多い・・・というのは容易に想像できる答えです。
工場にお勤めの方、道路や鉄道などの整備や修理に携わっている方、主に引っ越しなどの作業に携わっている宅配業者の方がよくある症状です。

このような症状でお悩みではありませんか?

•工場での立ち仕事で膝が痛む
•車の運転で腰痛やめまいがする
•ふとした動作でギックリ腰になった
•工事現場で工具を使っていたら肘が痛む、手指がしびれる
立ち仕事の多い方、特に歩き回らずにほとんどその場で同じような姿勢をしなければならない人ほど膝に痛みを生じやすくなります。これは膝を境に身体のねじりが異なっている姿勢をとりやすかったり、脚の筋力が低下しやすかったりするからです。
トラックやタクシードライバーの方など、長距離・長時間にわたって運転をされる方の場合、座りっぱなしの姿勢による腰への負担や血行不良、デコボコ道を通る際の上下振動、そして運転中の張りつめた緊張や集中などによるストレスが腰痛の引き金となります。さらに、寒い季節などに重い荷物の上げ下ろしを行なうと、ギックリ腰も起きやすくなります。
建設工事現場や金属工業などで使用される振動を伴う工具を扱うことで、長時間にわたり腕や手が激しい振動にさらされた結果、手や指の痛みやシビレ、肘の曲げ伸ばしの制限や痛みなどが起きやすくもなります。

中央区・築地・勝どき キュアメディカル鍼灸整骨院の治療法

中央区・築地・勝どきキュアメディカル鍼灸整骨院では、骨盤の筋緊張をゆるめる骨盤矯正により改善していきます。矯正と同時に自律神経の調整も鍼灸治療で行い、全体の神経や血流が改善されていき、だるさや疲労感が取り除かれていきます。

他にも吸い玉治療やテーピング固定、サポーター、コルセットなどの販売もしています。効率の良い仕事ができるようにお手伝いしています。
何か困ったことがありましたら、ぜひご相談下さい。体の異変を感じたらすぐにご連絡下さい。

社交ダンスで怪我をした時はキュアメディカル鍼灸整骨院で治療をお勧めします。


社交ダンスでは、華麗な踊りを魅せていく中練習ではとても大変で長い間踊り続けないといけません。革靴やヒールで長時間踊るためよく痛めるところが腰や膝です。

腰に関しては、反ったり捻ったりをくり返し踊り続けるため、急激な動作に体がついていかずに筋肉がけいれんや過緊張してしまい怪我に繋がります。その場で倒れこんだり、踊れなくなりキレがなくなります。

その後体に痛みをかばい悪い癖がつき悪化しやすくなります。痺れにもつながってきます。

膝に関しては革靴やヒールで踊るため関節に負荷がかかり続けてしまい水が溜まり、炎症に繋がり悪化してきます。屈伸運動などができずにしばらくステップを踏むのが出来なくなります。

社交ダンスでは社交ダンスに合った筋肉をつけないといけません。
あっちこっち筋肉をつけたら動けなくなります。社交ダンスに合った筋肉をつけないと
負担になります。

特に競技ダンスをする場合は
ダンスに合った筋肉をつけないといけません。

社交ダンスは大きな怪我を連想させるような運動ではありませんが、
起こりうる可能性について注意していくことが重要です。
腱炎:特にアキレス腱周りの腱に繰り返し負荷をかけることで起こる可能性があります。
関節部分に痛みが走ったらその兆候です。

肉離れ:ふくらはぎ、肩、背中や脚全般の筋肉を使うので、しっかり準備運動をしてから練習を始めましょう。

筋痙攣:筋肉の酷使やバランスを崩したりすると起こりやすくなります。練習前と練習後にはストレッチを心がけてください。

中央区・築地・勝どき にあるキュアメディカル鍼灸整骨院では、社交ダンスでがんばっている皆様の体のケアに力を入れています。年齢問わず踊れるという体は最高の幸せです。それを目指し常に体のケアをしていきます。

整体、鍼灸治療、骨盤矯正、スポーツマッサージ、超音波治療、テーピングなど様々な治療法があります。

いつまでも踊れる体作りをしていきましょう。

介護士

介護士

 

介護士さんやホームヘルパーの方々は、お年寄りの身の回りのお世話・・・特に体位変換やお風呂に入れて差し上げる作業などお年寄りとは言え、人間の体重をほぼ背中や腰で受け止める作業が毎日のように繰り返し要求されます。
仕事中無理な体勢をすることが多く、不規則な労働時間や体のストレスなども蓄積しやすい職種の一つです。

 

特に、お年寄りをベッドから起き上がらせようと前かがみになって抱き上げる際などは、腰へのストレスは相当なものとなります。

よくある症状

・腰痛(ぎっくり腰、朝起き上がる時に痛む等)
・首や肩の痛み、頭痛、腱鞘炎、
・膝、両足痛、捻挫、足のむくみ等
・両手のしびれ、自律神経の乱れ

などです。

夜勤や日勤など繰り返していると、体の体内リズムが崩れ自律神経が乱れ意識が朦朧としてしまうことや、体がおもうように動かなかったりします。

中央区・築地・勝どきキュアメディカル鍼灸整骨院では、整体や矯正治療を中心に体の負担を軽減する施術をしています。特に鍼灸治療と整体、矯正治療を合わせたハイブリット治療ではとても体が楽になります。

体の異変を感じた時はすぐに中央区・築地・勝どきキュアメディカル鍼灸整骨院までご連絡下さい。デイサービスの職員の方や特養の職員の方もたくさん来院されています。

 

OL

OL

常日頃長時間座ってPCでの作業をすることが多いため、猫背になりやすい傾向にあります。

 

事務職の中でも特に動くことがほとんどない方は両足にむくみや違和感が出てきやすいです。

 

 

デスクワークの仕事で多い症状ベスト5

 

 

1位.首痛、肩こり

特にパソコンを一日使っている方は固まって中々痛みが取れません。

 

2位.頭痛が出る

肩こりなどからくる偏頭痛などもよく聞きます。痛みどめを飲んでいる方は要注意。

 

3位.背中、肩甲骨の内側の痛み

肩甲骨の周りが固くなることで、背中を叩きたくなります。心当たりありませんか?

 

4位.脚のむくみ

夕方ごろになると脚がむくむ。長時間座っている事で、血流の流れが滞っている証拠です。

5位.手足のしびれ

タイピングやマウス操作で胸郭出口症候群、頚椎症などの症状で腕に痺れが出てきます。さらに長時間の座っている姿勢でヘルニアになり、足に痺れも出てきます。

 

 

 

腰痛の割合が高い職種

 

 

「第1位」がデスクワークのお仕事の方

多くのサラリーマンやOLの方々が腰痛の割合が最も高いということです。

近年ほとんどの方が、パソコンの前に長時間座りしかも長時間ほぼ同じ姿勢でいることが多い毎日・・・。

パソコンのキーボードをたたく姿勢は本来人間がするはずのない動作なのです。

肘を屈曲(曲げ)させ、手の甲を背屈(伸ばし)させ、指を屈曲(曲げる)させるという動作・・・この動作はヒトのDNAには組み込まれていない現代(パソコンが普及されて以降)特有の動作であると言えるのだそうです。

つまり、ヒトが得意ではない動き=疲れやすい動きであるということです。

そして、この姿勢は自然とヒトを前かがみ(もしくは猫背)の姿勢にし、しかも眼精疲労まで呼び起こす場合も少なくありません。

 

これは、VDT(Visual Display Terminal)症候群とも呼ばれ、“身体”だけではなく、“心”にも悪い影響をもたらす可能性もあります。

 

つまり、“身体”と“心”の両方にストレスをもたらす作業と言っても過言ではありません。

肉体的な労働条件が腰痛をもたらす直接の引き金にるケースが多いのではなく、むしろ“心因性”の要因が腰痛をもたらせるケース方が圧倒的に日常的であるということが、ここでも証明されているのではないでしょうか?

 

キュアメディカル鍼灸整骨院では、デスクワーカー、OL、営業の方の健康に力をいれています。体の不調は仕事やプライベートなどにとても響いてきます。快適な毎日を過ごすためにキュアメディカル鍼灸整骨院で体をメンテナンスしましょう。

 

 

整体、鍼灸治療、美容鍼灸、骨盤矯正など様々な体の症状、患者様のニーズにお応えしています。

 

 

ぜひ一度体験して、快適な毎日が過ごせるようにお手伝いします。

 

 

患者様の声

・運動不足と姿勢、肩こりが毎日頭をよぎります(30代男性)
・姿勢が悪く猫背になってる(20代女性)
・肩から首までガチガチで痛い(30代女性)
・手をよく動かすので、腱鞘炎になる(20代女性)

痛み、症状の治療(健康保険)

提携治療院

埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院

東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院

沖縄スマイル鍼灸整骨院

桜モンデックス訪問マッサージ院

アイメディカル鍼灸整骨院

仙台メディカル鍼灸整骨院

なごみ整骨院

株式会社サンメディケア